寒い八ヶ岳の麓にもやっと春が訪れて、ライラックの花の蕾が芽を出しました。心がウキウキする季節ですね。

いつもご利用して頂いてる皆様にお詫びをしなければなりません。

花の在庫がすっかりなくなり、暖かな色合いの花がすっかり姿を消してしまいました。

その中でバラは入荷してますが、気温が低い日々で、乾燥に時間がかかっています。日々エフスリーのドライフラワーを楽しみにしてくださっている皆さんのご要望に応えられず、本当に申し訳ないと思っています。本当にごめんなさいね。もうしばらくお待ち下さい。

母の日用にご予定していて下さる方は、お早めにご予約いただければと思います。

これからもエスフリーをよろしくお願いします。


大木の桜が5分咲きです。
いま天気予報で、日曜は暖かく良い天気って言ってましたよ。
お弁当持って、花見に来てくださいね。
お庭でお弁当食べてゆっくりして行って下さい。




少し春が感じられるようになりました。
温かい日差しを浴びに 海に行きたくなり、貝殻をお店の入り口に並べました。
海岸で貝殻や流木 海藻まで拾い集めて 宝物がまた増えそう〜

そんな私の春気分と反対に
みかん(猫)の食が進まない。
食欲はあるのに鼻を近ずけても
ほとんど食べない〜。
でも機嫌よく、日向ぼっこして甘えて、お客様が来てくださると 籠から出てご挨拶。
このまま 穏やかに 天国へ向うのかと
ハラハラドキドキの毎日です。
4月で24歳を迎えます。



ドライフラワーの仕事をスタートした時からの功労者です。

1989年9月からドライフラワーを作り始めてからお世話になってる塩野夫妻。
なんと96歳と95歳です。
まだまだ現役ファーマー。
今朝も私が千日紅を切る傍らで草取りをしてました。
写真撮影するよ! と言うと
「綺麗に写してもらわんと‥」
と言って、麦わら帽子を被り治して髪を整えてから
「はいよー!」
とカメラ目線です。
はい!女性として頭下がりました。
1日一日大切に お元気に長生きして下さい。

白黒ネコのみかんは23歳と半年が過ぎました。
こうやっていつも仕事の真ん中の大切な物の上で現役です。
長生きしてね。



古いミシンを息子が頂いて来ました。
足袋を作っていた工場だったそうです。
眺めていると 、とても捨てられな〜い。
この木型は男性様 女性様? それとも 甲高、バンビ路?型?
鉄屑には出来な〜い。



風の強い日です。
こんな可愛い物みつけました。
カラマツの若い木の実です。



1990年2月22日
東京自由が丘、Depot39カントリーモールのオープンをスタートに
私のドライフラワー作りがスタートしました。
その時から元夫である阿部隆と共に
1歳を過ぎたばかりの長男と
そん後に生まれた二男を育てながら
ドライフラワーの会社の経営を歩んできました。

12月10日、阿部隆は永眠いたしました。
8年前、脳出血で倒れてから
3度の手術、幾度もの入院、転院をしての日々でしたが
やっと安らかに眠りにつきました。

f3のドライフラワーの美しさを褒めて頂くたびに
阿部に感謝していましたが、
元気に製造をしている時の彼は
いつも、「おまえはいいなー 褒められて」
と裏方の愚痴をこぼしていました。

ありがとう! 隆君 
心から感謝! ありがとう!

彼が丁寧いに作ってきた
ドライフラワーの製造の気持ちを受け継ぎ
これからも大切に続けていきたいと思います。

今まで阿部がお世話になってきた
花の生産者、サーフィンの仲間…
ありがとうございました。
今頃はもう、サーフボードを抱えて
日本海の海に行っている頃でしょう。
「やっぱりよー 冬は日本海だー!」

ありがとうございました。

f3 米須悦子



このところの挨拶は決まってこの言葉ですね。

ここにいても夏の太陽は容赦なく降り注ぎます。

何とかありがたく感じる策は無いものか…
毎日友人や近所からの頂き物を眺めていたら
こんな美味しい物を思いつきました。

サンドライトマトです。
朝、アルミのバットに 1cm暗いの厚さに切ったトマトを並べて 置くだけ。
一日太陽がタップリと当たり、夕方には半熟トマトの出来上がり!
サンドライトマトってなんて耳障りがいいのでしょうか?
オリーブオイルと塩胡椒で和えて食べると何ともイタリアン?

大きなトマト1個はペロリ!
さあ 今日も 楽しみに帰りま〜す。



気温がぐんぐん上がり始め
いよいよラムズイヤーの収穫がはじまりました。
畑でもひときわ輝いて綺麗です。

その隣は、ヘリクリサムや千日紅の
苗植えの準備をしました。
周りの田んぼや畑も、作物の植え付けが始まり
楽しい季節の始まりです。



節分の今日。
恒例の野焼きが行われています。
消防団が出て地元の方々と威勢よく燃しています。
モクモクと煙が上がる土手やら
休耕田の萱が威勢よくオレンジ色に燃え上がる景色を眺めていたら
春が近付いた気分で少しウキウキ…
明日から少しづつ田畑に人が出始め、田越しが始ります。

でもそれを眺めつつ
いつもそのあたりに出入りしていたキジやキツネの行方が心配!

この写真のお飾りは先日紀伊国屋さんで見つけました。
余りの素敵でしたのでつい買ってしまいました。
しかも10日程前にセールで¥210。

この仕事していて少し恥ずかしい気がしますが…
ところで…このお飾りはいつごろまで飾るのかしら?


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM